ストレートネックを治療中の方が感じている症状の中で、ふらつきを感じるという方もとても多いのですが、どうしてストレートネックなのにふらつき感が関係しているのでしょうか?

もしも関係しているとしたらどのようにして対処すればいいのかについても知りたいと思いますよね?そこで今回はストレートネックによるふらつき感についてのお話をしていきたいと思います。




ストレートネックの患者が増えている
最近デスクワークをしている人が増えてきていますよね。自宅で作業をして収入を得て暮らしているという方も多くなってきました。そんな方の仕事のやり方はとっても自由です。

人気が高い在宅ワークですが、その仕事のやり方によってはストレートネックなどの症状で悩む事になってしまうかもしれません。

ストレートネックの辛い症状

例えばふらつき感があったら辛いですよね。
もしかしたらこの仕事は向いていないのかもしれないなどと思ってしまう事だってあるかもしれません。ではまずは具体的にふらつき感がある原因についてお話しましょう。

ふらつきはどうして起こるのかというと、頚椎がまっすぐになってしまった事が原因で、首の後ろ側を通っている神経を圧迫していきます。すると神経を圧迫された不快感が本人が気づかぬ内に蓄積していきます。

本来なら改善すればいいのですが、なかなか時間がルーズになってしまうためにメリハリの無い長時間の作業をする事になってしまう事もあるので、ストレートネックである事に気づけないまま作業を行っている方が多いようです。

するとどんどん肩や背中の筋肉がかたくこわばってしまうのです。そうする事で筋肉が動ける範囲がせまくなってしまいますよね?実はそうなってしまう事によって自律神経が影響を受けてしまう事があるのです。

これがふらつきの原因だと言われています。ストレートネックの症状の中でもこのふらつき感が出てくるようになると、症状が重い事になってしまうので注意しなくてはならないのです。

どうすればいいのかというと、簡単ではありませんがストレートネックを克服する事が最優先になってきます。当然ですがストレートネックによる神経への圧迫がなくなれば自律神経への影響も少なくなっていくはずです。

ストレートネックを克服するためには自分一人の力だけでは難しいため、病院で検査を受けてしかるべく治療を受けるようにします。そして自宅でもできる改善策や運動、ストレッチなどを取り入れる事によって少しずつ確実に克服していきます。

時間がかかるかもしれませんが、しっかりと心を強く持って行動すれば必ず改善んしていきます。




おすすめの記事