ストレートネックと顎関節症の関係性について

身体のバランスというのは本当に重要ですよね。パソコンを使って長時間作業をするという方多いですが、それだけではなくスマホの普及によって長時間下を向いた状態でいると、肩や首がこってしまったりしませんか?

もしも首や肩がこってしまったら、作業を中段して首や肩のストレッチなどをしてみてはいかがでしょうか。そんな暇が無いというのも十分わかっているのですが、長時間同じ姿勢のままでいるとストレートネックになってしまうかもしれません。

1.ストレートネックは恐ろしいのです

ストレートネックとはその名の通りで首の骨がまっすぐになってしまうというもので、長時間下を向いた状態で作業をしたり読書や編み物などをしたりする事で起こります。

症状をそのまま放置してしまうと、緊張がとれずにどんどん蓄積していってしまいますので、ストレートネックという状態になってしまい、さまざまな症状を引き起こしてしまう事になるのです。

2.顎関節症の原因の一つとも言われています

ストレートネックがどうして恐ろしいのかというと、頚椎のバランスが崩れてしまう事によってさまざまな身体の変化をもたらすようになるからです。

その一つが顎関節症というもので、身体のバランスがストレートネックによって崩れてしまったために、顎関節のバランスまでを崩してしまうことになるのです。

これがやがて顎関節症となって口が開かない、痛みが激しくて何も食べられないといった症状へと発展していってしまうわけです。

3.早めの治療を必要とします

ストレートネックを治療する事ができれば、顎関節症の治療もできるという事になるので、まずはストレートネックである事を病院で調べてもらう必要があります。

病院はどこがいいのかというと、できたら大きな総合病院の整形外科などで診察してもらうといいでしょう。ストレートネックであるという事がすぐにわかってもらえるからです。

4.ストレートネックの治し方

ストレートネックの治し方にはどんなものがあるのでしょうか?そう疑問に思う気持ちもわかりますが、ストレートネックの治し方の代表的なものといえばストレッチです。

ストレッチなどで顎関節症が治るもの?ストレートネックが治るものなのかと思われるかもしれませんが、そもそもストレートネックというのは肩や首のこりからきているものなので、こりをストレッチでほぐしてあげるのが一番の方法です。

ストレートネックの治し方を毎日自宅で実践する事によって、やがて顎関節症の症状の改善へとつながっていくので頑張って毎日続けてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA