ストレートネックの主な症状とは?

ストレートネックの患者数は年々増加していると言われているのをご存知でしょうか?ちょっと驚いてしまうかもしれませんが、ストレートネックを抱えている患者さんの数は、現代では5人に1人だとも言われている程多いのです。

ストレートネックが5人に1人だなどと聞くと、自分以外の4人の中の誰かがストレートネックだという事なのかと漠然と思ってしまいますが、こんな言い方をしたら全員がストレートネックかもしれないと思うはずですよ!

1.ストレートネックの症状

ストレートネックかもしれないと言っても、軽度の方もいれば重度の方もいらっしゃるので見た目ではわからないものです。ところが次の症状が気になる場合には病院に行って検査を受ける事をお勧めします。

・頭痛がする
・首が痛い
・肩こりがひどい
・めまいがする
・鼻炎が治らない
・目が痛い
・耳鳴りがする
・耳が聞こえにくくなった
・吐き気
・腰痛

これらの症状が続いていると思ったら、それはもしかしたらストレートネックが原因かもしれませんので、病院に行ってストレートネックを治す必要があります。

これらの症状が進んでしまうと、次に待っているのは頚椎ヘルニアや椎間板ヘルニアです。相当な痛みを伴う事になるので、なるべく早く治療を開始した方がいいでしょう。

2.ストレートネックの治し方

ストレートネックの治し方はとても簡単です。ただし症状の度合いによっては医師と相談しながらの方がいいでしょう。

まずストレートネックの代表的な治し方はストレッチです。首や肩周辺の筋肉の緊張を緩和するために少しずつほぐしていく必要があるのです。

もちろんこれ意外にも治し方は存在していますが、やはり最終的にはストレッチをしっかりと行なう事が一番の治し方なので、少しずつ改善していきましょう。

3.ストレートネックになりやすい人は注意

ストレートネックは誰もがなる可能性もありますが、特になりやすい人がいるものなので、特徴的なストレートネックになりやすい方を説明していきましょう。

・長時間デスクワークをする
・スマホを長時間続ける
・下を向いた状態で長時間作業をする
・両手を上げると手の長さが違う
・猫背である

これらに当てはまる方はストレートネックになりやすい方であると言えるので、予防をする事とストレッチをして改善していく事が求められます。

ストレッチをする事はとても良い事なので今から始めても大丈夫でしょうが、やはりまずは自分の状態がどのくらいなのかを病院で調べてもらってから始めた方が良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA