ストレートネックが原因で起こる肩こり

デスクワークをしている方の多くは、常に肩こりとの闘いだとも言われていますが、確かに長時間のデスクワークをしていると、終わった頃には肩こりがひどくて腕や首が動かせないという方も多くいらっしゃいます。

ストレートネックになってしまったという方に共通しているのは、長時間ノートパソコンを使って作業をしている事、手元を見ながらの作業をしている事、スマホを長時間見ているという事など、下を向いた状態で長時間作業をしているという共通点があるのです。




1.ストレートネックの肩こりを放置すると

肩こりはストレートネックの症状の一つでしかありませんが、肩こりがひどいのを放置していると首のコリや頭痛などにも広がり、さらに重症化してしまうと腕がしびれてものが持てなくなるなどの症状になる事もあるのです。

ストレートネックになってしまう事によって、猫背になりやすくなってしまうので、普段からの姿勢も悪くなってしまうので見た目にもよくありませんよね。それにお腹が出てしまう原因にもなるので気をつけなくてはならないのです。

2.ストレートネックの肩こりはなぜ起こる?

ストレートネックの原因はほぼ共通していて、普段からの姿勢が悪い事が災いしている事が多いようです。また、長時間同じ姿勢でいる事が原因である事も明らかです。

簡単にストレートネックになるメカニズムを説明すると、下を向いた状態で作業を行なう時間が長くなると、どうしても頭を前に倒さなくてはならなくなります。そのため首や肩などの頭を支えている筋肉の同じ部分を酷使する事になります。

するとそこの筋肉が常にバランスを保とうとして緊張状態になってしまうのです。これを改善するために何かをするのではなくそのまま放置していると、その緊張がほぐれなくなってしまうため、他の部分の筋肉にも支障が出てくるのです。

そして気づいたらひどい肩こりとひどい頭痛などが起こるようになるのです。これが結果としてストレートネックを作り出しているという事になるのですね。

3.ストレートネックの治し方

ストレートネックによる肩こりの治し方は色々とあります。病院に行って治療を受けるという方法もあるかもしれません。痛みがひどい時には痛み止めなどを処方してもらうのもいいでしょう。

ですが自宅で自分でできる治し方をする事も必要でしょう。ストレッチなどを適度に行なう事も必要ですよね。

そして重要なのは普段からしている姿勢についてです。姿勢を普段から正しい姿勢にする事ができればストレートネックになるリスクを下げる事にもつながるのです。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA