その首の痛みはストレートネックが原因かもしれません

慢性的な首の痛みで苦しんでいる方の多くは原因が何かがわからずに放置している事が多いようですが、やがてその首の痛みを放置している事によってとんでもない事が起こってしまうかもしれません。

あまりの首の痛みに我慢ができずに病院に行くと、ストレートネックだと診断される方も決して少なくないのです。ところでストレートネックというのがどのような病気なのかご存知でしょうか?

1.ストレートネックとは?

簡単に説明すると長時間下を向いて作業を行ったり、パソコンで長時間作業を行なうという方、スマホを使ってゲームをしたりインターネットを楽しんだり(長時間)する方が発症すると言われているものです。

ストレートネックの原因は長時間同じ姿勢を取る事によって、頚椎が頭を支えるのために本来使わない筋肉を使ってしまう事によって起こります。

人間の頭部は5キロ~6キロもあると言われていますので、その頭部を支えるためにはかなりの無理が必要になってしまうものなのです。

首や肩のこりや緊張をほぐしてあげればいいのですが、本人はその時にはストレートネックなどという言葉は頭に浮かびませんから、そのまま放置してしまう事になるわけですよね。

そのままの状態でいる事によって首の筋肉や肩の筋肉がかたまっていき、だんだん首がまっすぐになってしまった状態になってしまうのです。

首の痛みが激しくなる頃には完全にストレートネックになっているという事になるわけです。なので首の痛みや肩こりが激しいと感じてきたらすぐに病院に行って診察を受けましょう。

2.ストレートネックだと診断されたら

ストレートネックは病院ではこれといった治し方があるわけではありません。ではどうすればいいのかというと、ストレッチなどストレートネックの改善ができる治し方をする事が望ましいと言われています。

首の痛みを軽減できるかどうかについては、ストレッチ中心のストレートネックの治し方をしっかりと毎日実践する必要があります。

また、ストレートネックの治し方にはタオルを使って首枕を作るという方法でストレッチをするものもありますので、自分の好みや自分ができると思う治し方を取り入れる事が重要なポイントになります。

首の痛みを放置していると、やがて症状が進んでしまい頚椎ヘルニアになってしまったり、それが原因で椎間板ヘルニアになってしまったりする事もあるので、十分に注意しながら普段のストレッチで改善をしていきましょう。

やがて首の痛みやその他の症状も改善していくはずです。まずは病院に行くことも忘れずにいてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA