ストレートネックとヘルニアの関係性とは?

私たち人間の身体というのは全て血管や神経などでつながっているものです。そのため一部に支障が出てしまった場合でも他の場所にも症状が出てしまう事だってあるのです。

例えばストレートネックの場合もそうです。ストレートネックになってしまうと他の場所に辛い症状が出てしまう事が多く、病院に行って検査を受けるまでは自分がストレートネックであるという事さえ気づけずにいる事だってあるのです。

1.最近はストレートネックが多いようです

スマホの普及によって、たくさんの方々が常に下を向いた状態で何か作業をしているようになりましたよね?あの人たちが歩く姿をご覧になった事がありますか?もちろん普通にしている方もいますが、中には首だけが前にちょっと出ている人いますね。

それに猫背になってしまっている方もいらっしゃいます。その方たちのほとんどがストレートネックの何らかの症状が出ているはずだと言われているのです。

ストレートネックを克服した方がいいですよ!その理由はストレートネックは放置しているとどんどん重症化してしまう事が多いからなのです。

例えばうつ病を発症してしまう原因になったりもしますし、最近問題視されているのはヘルニアを併発してしまうという事ですよね。

2.ヘルニアとストレートネックの関係

ヘルニアと言っても頚椎のヘルニアです。どうしてストレートネックと頚椎ヘルニアが関係あるのか疑問に思うかもしれませんね。実は頚椎ヘルニアというのはストレートネックを放置していると発症しやすくなるのです。

皆さんご存知の通り、頚椎の後ろ側には重要な神経が通っていますね。その神経をストレートネックによってまっすぐになってしまった骨が押してしまうのです。

するとヘルニアと同じような症状で苦しむ事になるわけです。そしてこの頚椎ヘルニアと同じような症状が問題なのです。

3.ストレートネックによるヘルニアの症状

①手足にしびれがくる

まず第一に恐ろしいのは手や足のしびれです。中にはものが持てなくなってしまったりする方もいるようですし、歩くのが困難になってしまったという方もいるので要注意です。

②低体温

これも恐ろしい症状の一つです。低体温になってしまう事によって血行不良がおこりますので疲労がとれなくなってしまったり、免疫力が低下してしまうためにアレルギー体質になってしまったりします。

これらの症状が出てくるようになると、日常生活を送るのに不安を感じてしまうようになり、やがて精神的にも辛いという状況になってしまいかねないのです。

この事からストレートネックを克服する必要があるというわけなのですね。

首には重要な神経がたくさん通っていますので、できるだけ早く改善して日常生活を取り戻すためにもまずは病院に行って、自分にピッタリな治療法を探しストレートネックを克服しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA