ストレートネックと背中の痛みの関係性とは?

ストレートネックになると骨格に歪みを生じる事も考えられますが、何よりも身体全体の筋肉に変化をもたらす事の方が多く、その結果として肩こりがひどく感じてしまったり腰痛として出てしまったり、そして何よりも背中に異常を感じてしまったりするのです。

特にストレートネックが背中に与える影響は大きく、背中の痛みの原因を調べてみたらストレートネックであったという事は結構多いと言われているのです。そこで今回はストレートネックが背中の痛みにどのように関係しているのかについてをお話します。

1.ストレートネックと背中の筋肉について

ストレートネックになる原因が何かご存知ですよね?そうです。姿勢が悪い事が原因だと言われているのです。そして時にその症状がほかの症状の引き金になっている事も多いのです。

例えば背中の筋肉についてですが、背中の筋肉は人間の身体の中でも最も大きな筋肉の塊ですから、ストレートネックが与える影響もかなり大きいと考えていいはずです。

ではストレートネックが背中の痛みに関係するまでのメカニズムについてをお話したいと思います。

2.背中の筋肉にどのように影響しているのか?

私たち人間の頭部は5キロ~6キロです。その思い頭を頚椎は支えているのです。絶妙なバランスで支えていたのに私たち人間はそんな事にはお構いなしです。

長時間スマホをやるまたは長時間同じ作業を下を向いて行うといった行動によって、方や首の筋肉に影響を及ぼします。するとその姿勢を維持できるような形状へと筋肉は変化していきます。

それが猫背などの始まりです。猫背などになってしまうと肩甲骨の筋肉が開いてしまい、その歪みが背中の大きな筋肉にまで及んでしまうのです。すると重たい頭を支えようとしている首を助けるために背中の筋肉もムリに動かなくてはならなくなるのです。

これが背中の痛みとストレートネックの関係なのですね。

これらの症状を改善していくために必要なのがストレッチなどの体操です。実はこれらのストレッチや体操を行う事によって、多くの方がストレートネックを克服しているのです。

ですがストレートネックの克服をする事は並大抵の事ではないのです。まずは病院に行って検査を受けるなどをしながら、本格的にストレッチや体操を教えてくれる先生などに指導をお願いしてもいいかもしれません。

でも克服に本当に必要なのは、治そうと思う本人の強い意志です。しっかりと毎日正しい姿勢を保てるよう頑張ってください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA