ストレートネックの治し方【体操】編

ひどい肩こりや首こりに悩まされていませんか?ちょっと鏡の前に自分を映してみてください。もしかしたら首がどちらかに傾いているなんて事はないでしょうか?もしもこれらの症状が出ているとしたら、ストレートネックという病気になっているかもしれません。

ストレートネックという言葉を聞いた事がある方ならわかると思うのですが、ストレートネックは待っていても治ってくれる病気ではありませんし、放置しておく事によってさまざまな支障が出てくる可能性が高い病気です。




治療をするためには病院に行って治療を受けなくてはならない事もあるかもしれない病気でもあるのです。ただしまだそれほど進行していないという場合には、自宅でできる簡単な体操などをして予防や改善をする事ができる病気でもあります。

ストレートネックを体操で治そう!

ストレートネックの治し方はいろいろとあるのですが、その中でも健康的にストレートネックを改善する事ができるのが体操ですよね。ストレッチをするというのもありますが、全体的に動かす事ができる体操もとても人気があるのです。

体操を行う時には肩幅に足を広げてまっすぐに立った状態で始めましょう!

まずストレートネックの方というのはどうしても姿勢が前かがみになってしまっている事が多く、さらに両手を後ろに持って行き後ろ手で組んでください。

次に体をそらしながら組んだ状態の腕を後ろに向かってぐーっと上げていきましょう。

もうこれ以上は上がらないというところまで上げたらそこで一旦とまり、2~3秒くらい止めてから元に戻します。この時に上体を反らして腕をあげる時には吸って、もとに戻す時は息を吐きます。

これを繰り返せばいいのですが、ストレートネックの方にとってこの体操はちょっときついと感じるはずです。その理由はストレートネックの方の両肩は姿勢の悪さの影響で、内側に巻き込んでいる状態になっているからです。

要するにストレートネックを治すためには反らして両肩を広げてあげる必要があるという事になるのです。たったこれだけの体操なのに毎日続けている内に効果を発揮してくれるようになります。

ストレートネックを克服するためにはこうした体操、ストレッチ、医療などを上手に組み合わせて治療を行うといいのですね。その方が効率よく短期間の間に克服する事が可能になってくるのです。

もちろん病院に行けば、このような体操をたくさん教えてもらう事もできるでしょう。上手に色々なものを使って無理なく治していってくださいね。そして見事ストレートネックを克服していってください。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA