ストレートネックが改善する正しいイスに座る姿勢

デスクワークを長時間行っていると、どうしても首や肩がこってしまいませんか?できれば目線よりも低い位置での作業をするのではなく、目線と同じくらいの高さで作業ができるように工夫するといいですよね。

ですがさすがに会社での作業中にパソコンを目線の高さにもってくるのは至難の業ですよね。でも長時間の作業の後で首や肩がびっしりと張ってしまう事だってあるのです。




これを改善する事ができれば問題はないのですが、なかなか休憩ができずにいる事で疲れが取れない方が実はたくさんいるものなのです。

1.ストレートネックを予防するには?

ところで皆さんは作業を行なう時にどのような姿勢で作業をしているのでしょうか?パソコンでの作業をしている方ならば、当然ですがパソコンデスクの前で椅子に座った状態でお仕事をされている事でしょう。

実はストレートネックの予防をする事ができる椅子の座り方があるのをご存知でしょうか?簡単に説明すると、椅子に座るときの姿勢にちょっと気をつけるだけで、ストレートネックの予防も症状の改善にもなるのです。

つまり作業をしながらできる治し方だとも言える姿勢ですね。

ちなみにストレートネックの方というのは特徴があって、椅子に座る時の姿勢でそうかそうでないかもわかるのです。

2.ストレートネックかどうかがわかる姿勢

ストレートネックの方が椅子に座る時の姿勢には特徴があって、椅子に浅く座る方はストレートネックです。それはどうしてなのかというと椅子に深く腰掛ける姿勢を続けているのが辛いのです。

だから椅子に腰掛ける時に前の方にお尻をのせて、肩は後ろの背もたれにつけて猫背の状態になってしまうのです。ストレートネックの方はこの座り方が一番しっくりとくる座り方なのです。

ではストレートネックを椅子に座って治す方法、予防をする方法、改善をする方法はというと、椅子の奥深くに座ってできれば背もたれには寄りかからずにいる姿勢を保ちます。

この姿勢で座ると、本来必要な緩やかなカーブを保つ事ができるのです。つまり座ってできる簡単なストレートネックの治し方であるという事になるのです。

3.ストレッチはかかさずに!

もちろん椅子での姿勢だけではなく、自宅でも会社でもしっかりとしたストレートネックの治し方を実践するようにしましょう。

毎日自然にその姿勢を保つ事ができれば、ストレートネックの予防にもなりますし、確実にできる治し方にもなるのでお勧めの方法です。

くれぐれも椅子の手前に腰掛けて作業をしないようにしましょう。そして適度な休憩を入れてストレッチを行えばいいだけです。とても簡単でしたね。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA