ストレートネックの治し方を学ぼう

こんにちわ!私もストレートネックで悩んでいるため、これまでお医者さんや保健師さんに聞いた治し方についてお伝えします。

集合写真をみて他の友人と比べると首が長すぎて、みんなから「気持ち悪い」といわれるほどで、また悪化して首のヘルニアになってしまいました。

今はヘルニアを改善するところまできましたので、どのような対策をしたのか、実経験からお伝えしますね。

ストレートネックの治し方のポイントは、「正しい姿勢・継続的なストレッチ・最適な枕」の3つです。これさえ守れば、肩こりや首の痛みなどを改善出来ますので、実践してみてください。

まず、ストレートネックの治し方、正しい姿勢についてです。

長時間同じ姿勢をとらないことが大切で、デスクワークなどでずっと座っていると、猫背になってきたり、ずっと肩や首が緊張状態になっているため、ストレートネックになりやすく、症状を悪化させます。

ですので、1時間に1回デスクから離れるようにし、もし離席が難しい場合は椅子を使って体にねじりを加えるストレッチをしたり、手を上に伸ばしてグーンと伸びをして肩や背中を伸ばし、長時間同じ姿勢にならないように意識します。

また、正しい姿勢を習慣にするには、ヨガをするのもオススメです。木のポーズや三角のポーズ、英雄のポーズなどが姿勢を正すには最適なので、時間があるときに2〜3分ヨガでもよいので、やってみてください。

次に、ストレートネックの治し方、継続的なストレッチについてです。

私はいつも寝る前に3分ほど実践しています。右手で左頭をつかみ、右側に頭を倒します。そうすると、左側の首の伸びを感じることができます。

左手でも反対の動きをして、右側の首を伸ばします。さらに、両手を組んで頭に置き、頭を下にゆっくりたおしながら、首の後ろの伸びを感じます。

このストレッチを毎日3分継続させることで、ストレートネックの改善につながります。

最後に、ストレートネックの治し方、枕についてです。

枕の代わりにバスタオルをくるくる巻いて首の下に敷くと良いです。もしくは低反発の枕が市販で打っていますので、そちらを検討してみてください。

ストレートネックがひどい方は、私のように枕を使わないで寝るのが楽な肩もいらっしゃるかと思いますが、枕を使用しないのはストレートネックを悪化させてしまうので駄目だとお医者さんに怒られましたので、自分にあった枕を使ってみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA