猫背とストレートネックの関係性

猫背というのは普通の状態ではありません。猫背を正当化する方も中にはいるかもしれませんが、それはいけません。猫背を放置しているとストレートネックになってしまうからです。

ところで猫背がどうしてストレートネックと関係があるのでしょうか?その理由をわかりやすく説明していきたいと思います。

1.猫背とは?

猫背というのは横から見ると、まるで猫の背中を見ているように前に向かって丸くなった背中を持っていたりします。簡単に言うと背中が丸まっている状態なわけです。




これは肩から腹部に向かってある胸椎といわれる部分背骨が、必要以上に前に丸くなってしまっている状態の事であるという事なので、当然ですが重い頭部を支える時に無理に支えなくてはならなくなります。

それが続くとどんどん蓄積していき、気づいたら猫背になってしまっているという事になるのです。頭の重さは約5キロ~6キロだと言われています。その重さを支え無くてはならないため、必然的に猫背になってしまうのです。

2.猫背でストレートネックはほんの序章に過ぎない?

猫背が原因でストレートネックになってしまうという事はわかったと思うのですが、実はストレートネックだけではなくもっと恐ろしい病気の原因にもなりかねない事が注目を集めているとご存知でしょうか?

実は脳梗塞など脳の病気を発症した方の多くはストレートネックであると言われています。これは脳の病気を発症した事によってバランスをとるのが難しくなるからであると言われているのですが、その患者さんを調べると猫背になっている方がとても多いのです。

この事からも猫背を放置してストレートネックを放置してしまうと、重大な病気の引き金にならないとも限らないのです。だからこそ自分にピッタリの治し方で早いうちから直しておく必要があります。

3.猫背とストレートネックを治すには?

病院に行って猫背を治したいと考える方もいるかもしれませんが、実際に病院に行ってもなかなか治すことが難しいと言われています。

そこで自宅でも簡単にできる治し方を毎日行なう方がより確実に治すことができるはずです。その理由は毎日の姿勢が問題になっているのですから、常にバランスが保てるような姿勢をしておく必要があるからです。

もっとも簡単なストレートネックの治し方は、定期的にストレッチをして首、肩などの緊張をほぐす癖をつける事、必要ならばタオルなどを使ってストレッチをしてみてもいいでしょう。

長時間のデスクワークの間でもできる治し方やストレッチ方法を選択するといいですよ!




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA