アナタのストレートネックはパソコンが原因かも!

最近肩こりがひどくて首の周辺の筋肉が硬く盛り上がってしまった。そんな症状で悩んだ挙句病院に行って検査を受けたら「ストレートネック」だと診断され、必死に治療をしているけれどなかなか克服ができない。

そんな悩みを持っている方がたくさんいるってご存知でしたか?実は最近ひどい肩こりた首の痛みを感じる方が増えてきているのだそうですね。そしてその原因はストレートネックという病気の事が多いのです。




1.ストレートネックとは?

ストレートネックとは頚椎がまっすぐになってしまうという症状です。首がまっすぐならいいのでは?と思うかもしれませんが、実は私たち人間の頚椎というのはまっすぐではありません。

ゆるやかに後ろにカーブしているものなのです。まっすぐになっていると神経などを圧迫してしまうためにしびれや肩こり、そして身体の歪みなどを生じてしまう事になるわけですね。

症状は肩こりや頭痛、そして首の痛みに吐き気それと腕のしびれなども出てくると言われています。ひどくなるとむち打ち症のような「頚椎症」という病気に発展してしまい、歩く事も困難になってしまう事があるのです。

2.ストレートネックの原因

ストレートネックの大きな原因は「姿勢の悪さ」です。特に最近はパソコンを使ってデスクワークをしている方が増えてきましたよね。そうした現代のお仕事事情が原因となってストレートネックの患者数が増えてきているのです。

もちろんパソコンといってもデスクトップの場合は高さがそれほど下がらないのでいいのかもしれませんが、ノートパソコンで作業をしている場合には注意した方がいいかもしれません。

視線が下に向いてしまう場合にはどうしても首を下にむけて作業を行う事が多くなってしまいます。なのでできればノートパソコンを使った作業の時は、目線を下に下げずに作業ができるよう工夫をされてみてはいかがでしょうか。

でも会社だと工夫のしようがないという場合もあるでしょう。そういう場合には2時間毎にストレッチを行ったりして小休止をするといいですね。

3.ストレートネックを治す事はできる?

ストレートネックは治す事ができるのかどうかですが、確かにストレートネックは克服が難しいと言われている病気の一つです。

現代病とも言えるこのストレートネックは普段からの姿勢が問題となっているので、克服したいと思うのならば、まずは姿勢を正す事に神経を費やすといいかもしれません。

もちろんそれだけで克服はできませんので病院に行って治療を受けたりする事も必要だという事を覚えておきましょう。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA