ストレートネックとは?気になる言葉の定義

肩こりが酷い、最近首が痛くてたまらないなどの症状で悩んではいませんか?もしかしたらそれはストレートネックかもしれません。

ところでストレートネックとはどんなものなの?そう考えるのが普通ですので簡単に説明をすると、ストレートネックとはその名前の通りで首がまっすぐになっている事です。

昔はそれほど症例が多いものではありませんでしたが、近年はパソコンを使っての作業を行なう事もありますし、会社での作業もパソコンを使って行なう事もあるので、最近ではストレートネックで悩む方が増加しているのです。

ストレートネックになってしまうと首が動かなくなってしまうだけではなく、ひどい肩こりや首のこりなどが起こり、悪化してしまうと両腕がしびれてものが持てなくなるといった事まで起こってくると言われているのです。

1.ストレートネックは治るのか?

ほとんどの方が最初はそれがストレートネックであるという事に気づきません。ではどうして気づくのかというと、激しい頭痛や肩こりそしてそれを我慢していたらしびれてきた、これはおかしいと思って病院に行くのです。

病院でレントゲンを撮影して、その首の状態を見た医師が「ストレートネックです」と診断するというわけなのです。つまりストレートネックは気づきにくいものであるという事になります。

ではストレートネックは治るのでしょうか?確かにストレートネックの治し方については色々とあるようですが、一番良い治し方というのは患者さん一人ひとりの毎日の生活によって変わってくるものなのです。

2.ストレートネックの治し方について

ストレートネックとは病気ではないので、治りにくいものだと言われてはいるのですが治らない事はありません。

ストレートネックの治し方には病院に行って治療をするという方法がひとつと、自宅で普段の生活習慣を改善していくという事で治す方法がひとつです。

どちらの治し方をしても効果があるかもしれませんが、患者さん本人がやる気を出して毎日真剣に取り組まなければどれほど優れた治し方でも完全に治す事は難しいのではないでしょうか。

まずは生活習慣の改善にしても、楽な姿勢だからそうなったわけですから、その楽だと思う姿勢を楽ではない姿勢にしなくてはなりません。そのため「本当にこの方法で治るのだろうか?」という疑問を持ちやすくなる事もあるでしょう。

ですがその疑問をおしても続ける事が大切なのです。

近年ではスマホの普及やノートパソコンでの長時間の作業などもあるようなので、まずは必要の無い時にはパソコンから離れたりスマホをやめたりして、軽くストレッチなど運動をしてみてはいかがでしょうか。

それでも痛みを感じたり違和感やしびれを感じた時には、病院へ行って診察をしていただくといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA