頚椎症とストレートネックの関係性とは?

頚椎症というのをご存知でしょうか?実は頚椎症と最近患者数が増えてきているというストレートネックには何らかの関係があるという話があるので、この二つの病気の関連性についてをお話していきたいと思います。

1.頚椎症ってどんな病気?

まずは頚椎症についてのお話からしていきたいと思います。
頚椎症は簡単に言ってしまえば『頚椎』と言われている首の骨の連なりに炎症が起こっているという状態の事を言います。




頚椎症の原因は生活習慣だと言われているもので、症状がひどくなってしまうと頚椎がずれてしまったりして神経や血管を圧迫してしまう事になるのです。そうなると腕のしびれや痛みなどを引き起こしてしまうというわけなのです。

ところで頚椎症の原因はなんだかご存知ですか?頚椎症の原因の多くは「老化」や「事故」などが原因であるとは言われているのですが、その他に最近注目されているのが長時間同じ姿勢でいるという姿勢の悪さです。

これと似たような症状がありますよね?そうです、それがストレートネックなのです。

2.ストレートネックと頚椎症の関係について

頚椎症とストレートネックは原因や症状が似ているという事から、同じものなのではないかと考えられているようですが、実際にはまったく違う病気の事なのです。

もちろん全く関係が無いというわけではなく、むしろ密接な関係があるというのは事実です。というのも頚椎症は頚椎の関節部分に骨棘と言われるものができて、それが脊髄や神経を圧迫してしまうために症状が起こります。

実はこれはストレートネックを放置していると同じような症状が出てくるというわけなのです。つまりストレートネックを克服する事ができずに放置していると、頚椎症などに進行してしまう可能性もあるという事になるわけです。

3.頚椎症がひどくなったらどうなる?

もしも頚椎症が進行してしまったらどうなってしまうのかというと、足や腰などにも障害が起こって歩行が困難になってしまったり夜眠れないなどの症状が出てきたりするのだそうです。

それが原因でうつ病になる可能性だってあるのです。そうならないためにはストレートネックを克服していかなくてはならないという事になるのです。

4.ストレートネックを治すには?

ストレートネックの克服に欠かせないものといったら普段からの姿勢を正す事ですよね。

それができれば誰にだってストレートネックを防ぐ事ができますし、さらに頚椎症などの辛い病気も予防する事ができるはずです。そのためにも生活習慣をしっかりと改善していく必要があるのですね。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA